本文へ移動
 
   誰ひとり取り残さない!
     民商に相談して商売続けよう 

 新型コロナ禍感染拡大を受けて持続化給付金・家賃支援給付金の
申請締切りが2/15まで延長されました。

  民商では、会員さんをはじめこの間多くの方が持続化給付金申請や家賃支援給付金の相談対応を行ってきました。2/15まで持続化給付・家賃支援給付制度の申請受付が延長されました。まだ申請できていない方もぜひ民商に相談しませんか?民商・全商連は第2弾の制度を求めて国(経済産業省や中小企業庁)などに働きかけています。
 あなたの困ったを民商にご相談ください。役員・事務局員が相談を行います。
労働保険・一人親方労災・建設業許可の
   新規取得・変更届の相談も民商で

  民商は、厚生労働省大臣認可の労働保険事務組合で労災・雇用保険の手続きを行っています。建設業の一人親方労災も民商で
ご相談を。

また毎年「増改築相談員」の研修も行っています。
あなたの商売応援します!民商
ひとりで悩んでいませんか?



民商ご相談ください
自主記帳・自主計算で自信をもって自主申告を!
所得税も・消費税も申告のご相談は民商へ!
民商では大変な時ほど仲間同士が集まって・話し合って・助け合い商売を続けようと頑張ってきました。新型コロナ感染症拡大でいま商売も暮らしも大変です。いまこそ貴方も、民商でご一緒に。
 いまこそ消費税は5%に減税を!
   複数税率・インボイス制度は今すぐ廃止に!


新着情報とお知らせ

滋商連のご紹介

商売を続けている事こそが社会貢献

いま本当に厳しい時代だからこそ民商で消費税増税や
コロナに商売をつぶされない対策を
滋賀県商工団体連合会は、地域の中小業者のなんでも相談センターとして活動する民主商工会(民商)の県連です。

全国商工新聞

読めば知恵と勇気が湧いてくる、全国商工新聞。                  全国25万人が読んでいます。

全国商工新聞は、全国の民商の活動などを紹介しています。
滋賀県連や県内の民商の記事もたくさん紹介されています。

消費税は5%に減税を

消費税減税、コロナ対策の拡充を! もう黙っていられない10・1昼休みデモ  主催:県民要求実行委員会

 JR大津駅前を出発して県庁・商店街をデモ行進

昨年の消費税10%増税から1年10月1日に「消費税減税とコロナ対策の拡充を求め、緊急集会&昼休みデモが行われました。集会では県民要求実行委員長の岡本恭治県労連議長があいさつ「消費税が増税されて1年。政府統計でも明らかなように、景気はコロナ前から増税によって悪化し、その上コロナ禍で追い打ちをかけた、いま行うべきは消費税減税だとし、諸外国では減税の動きが主流になっていると諸外国の例も紹介しながら更なる消費税増税を画策する政権を批判しました。また労働者(非正規)の所得の底上げを行わない景気対策は、あり得ないと指摘、その上で健康や暮らしを守る政治に転換させよう。そのために市民と野党で新しい政権の樹立を目指しましょう」と呼びかけました。また大津・高島民商の久保事務局長は「消費税増税から1年、増税とコロナで中小業者の営業も暮らしも大変に、さらに3年後にはインボイス制度が完全実施されたら経済的負担だけでなく、実務負担も押し付けられることに菅総理は、携帯電話の料金値上げを言っているが、消費税を引き下げる方が手っ取り早い」と訴えました。

集会後デモはJR大津駅前を出発し「消費税下げて」「5%に下げて」「軍事費減らして」「コロナ対策充実を」「国スポ・整備費高すぎる」「検査増やして」などのコールをしながら県庁前を通過して商店街を歩き大津駅前までのコースを歩きました。50名が参加しました。
TOPへ戻る